自毛植毛術について

イングランドのルーニー選手が行ったことで一躍有名になった自毛植毛術。
一体どのようなものなのでしょうか。

今ある自分の側頭部から後頭部の頭髪を採取して、薄くなった箇所へ再配分する医療技術のことを自毛植毛術といいます。

再配分された薄毛の部分は生涯を通して抜け落ちる可能性はほとんどありません。
なぜなら移植した側頭部から後頭部の頭髪というのは男性ホルモンによる悪影響を受けないように遺伝子レベルでプログラミングされているんです。

このような髪の毛の特徴をドナードミナントといいますが、まぁ別に覚える必要はないです。
要は一度、自毛植毛すればほぼ二度とハゲに戻ることはないということです。

実際にこの自毛植毛術はそこそこ評価されていて、日本皮膚科学会におけるレポートにおいてもB評価をうけるなどまずまずです。

問題は自毛植毛術を行うにはかなり費用がかかるということです。
普通のサラリーマンがこの手術をうけるには結構辛いかもしれませんね。

また髪の毛が一気に増えるという事に対する違和感を感じる人もいるようです。
簡単にいえば自分の髪の毛を他の部分に移植するので違和感のない良い方法だとは思いますが、
気軽に出来ないところがやはり難点ですね。

ただこれからもますます育毛技術は進歩していくでしょうから、自毛植毛術がどのように進化していきそのコストがどのように推移していくかをチェックする意義はあると思います。

 

育毛も情報戦

育毛に成功している人としていない人の話を比較すると面白い結果になります。
それは育毛に成功している人の方がしていない人よりずっと情報量が多いって事。

つまり育毛に成功している人はなぜ禿げたのか、薄毛を解消するにはどのようなアプローチがあるのかということを真剣に考えている傾向にあります。

逆に育毛に成功していない人は薄毛を解消したいと考えているのは事実なんですが、自発的に情報収集をしようという気持ちが足りていないように思います。

情報化社会の今、育毛に成功するかも情報戦を制したものになります。
ただ情報戦と言ってもただ溢れかえっている情報をそのまま鵜呑みにするのではなく大量のデータを集めてそこから客観的で中立的な部分を抽出し上手に情報を取捨選択している人が薄毛を克服しているパターンが多いですね。

仕事も家事も友人関係も世の中全てのことに通じることですが、大切なのは主体性を持って取り組むかだと思います。

今、育毛に取り組まれている人はなぜその対策をしているのか、他の人はどのような気持ちで育毛しているのか、その対策をすればどれくらいの確率で薄毛を克服できるのかなど緻密に情報を収集して、自分の行っている育毛治療法が正しいものなのかを常に精査する必要があると思います。

もちろんあまり神経質になると良くないのでほどほどで大丈夫ですが情報につられるのではなく情報を操り利用することで確実に発毛力はアップするという事実を覚えておくと良いでしょう。

ハゲは克服出来る時代

一度髪の毛がハゲ始めたら、もう運命を受け入れるしかないなんて考えていませんか。
一昔前ならそのような考えが妥当でしたが、今は違います。

現在の科学技術を利用すればハゲは克服できる時代になったのです。
薄毛で悩んでいる方にとっては嬉しい限りですよね。

なので薄毛だからハゲだからと言ってあまり悲観的になる必要は全くありません。

もちろんハゲを克服できる時代になったからといっても、
何も考えずに育毛対策をしても失敗することは目に見えています。

ハゲを克服し育毛を成功に導くのは正しい育毛方法を選択することが出来るか否かにつきます。

最近話題のAGAクリニックに通うのも良いでしょう。
話題の育毛剤を使用するのも良いでしょう。
自毛植毛術を利用するのも良いでしょう。

ただ自分の薄毛の原因が何にあり、自分にあった最善の治療法を選択すべきです。
良い選択をするためにはある程度の情報収集が必要です。

テレビのコマーシャルが宣伝していたからといったぐらいの情報に流されているようじゃ
失敗する可能性の方が高いと思います。

自分がどのようなハゲの属性に分類されるのか、自分に効く育毛剤は何なのか、
自分が育毛に費やすことが出来る予算はどの程度か。

そういったことをしっかりと考えて育毛治療をすればかなりの高確率でハゲを克服できます。

なんども言いますがハゲは克服できる時代です。
だからこそ育毛に関する有益な情報を集めて最善・最適な育毛治療をするようにしましょう。