育毛ドライヤー活用術

育毛というと育毛剤ばかりに注目してしまいがちですが、普段のシャンプーやドライヤーも育毛には欠かせない重要な要素の一つです。

特にシャンプー後のドライヤーは、その後に塗布する育毛剤に繋がる重要な工程の一つですから、ドライヤーの使い方はしっかりとマスターしておきたいですよね。

シャンプー後はタオルで髪を乾かします。
その後にドライヤーで完全に乾かす訳ですが、この完全に乾かすというのが育毛剤を使われる方にとってはそもそも間違いだとお気付きでしたでしょうか。

完全に髪を乾かしてしまうと、その後に塗布する育毛剤の伸びが悪くなってしまい育毛剤が頭皮全体に行き届かなくなってしまうんです。ですので、ドライヤーのコツとしては若干の水分を残した状態で止めることなんです。

こうすることにより、髪に水分が残っている分育毛剤の伸びも良くなり、頭皮にまんべんなく育毛剤が行き渡ります。これこそが、育毛剤の効力を最大限に生かす方法なんです。

中には、そうだろうと思ってドライヤーの前に育毛剤を付けてしまう人もいます。しかし、それだと育毛剤が水で薄まってしまい効果が半減してしまいます。また、ドライヤーのもう一つのメリットは、ドライヤーの熱で毛穴が開くということ。ドライヤーの熱で開いた毛穴に育毛剤が浸透するので、最初にドライヤーを使ってから育毛剤を塗布した方がより効果を得られるということなんです。

ドライヤーの使い方一つとっても、正しい方法を行うことでより早く育毛効果を期待出来ることでしょう。今日からはこのドライヤー活用術で育毛を行って下さい。

今までこの方法ではなかった人は、きっと数カ月後には違った効果を実感出来ると思いますよ!